コーギーのミックス犬しろわんと管理人の日常を中心に綴っていきます。ちょっと気が強い犬と、ちょっとドジな主婦のブログです。

訪問感謝2


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しろわんがうちの子になった当初は、拾い食いの癖もあり、
落ちているみかんの皮や飴、ガムの包み紙まで口に入れていた。
その度に私は、噛まれるかもしれない恐怖と戦いながら、
しろわんの口から拾ったものを出すという理不尽な作業をしていた。
DVC00078.jpg
このように、しろわんが下を向くと、あたりに拾い食いするものが落ちていないか、
どきどきものだった。

とりわけ、ティッシュが大好物で、ティッシュを見つけるとダッシュで
近づき、口の中に入れると、「意地でも出さない」という顔で
歯を食いしばり、私の隙を見て飲み込んでしまっていた。

道路や公園に落ちているティッシュである。何が付着しているか、
わかったものではない。
この悪癖だけは、何としてでも直さねばと思った。

そこで、私は考えた。
「犬の嫌いなものをティッシュに付け、一度嫌な思いをすれば、
二度とティッシュを食べようとしないのではないか」と。。

犬の嫌いなもの。。。
台所を見回し、調味料の棚から酢を取り出し、酢をティッシュに
大量にふりかけ、犬のところに持っていった。
犬は、大好物のティッシュがもらえると喜び、いつものように
ぱくっと食べてしまった。
しばらく様子をみたが、嫌いなものを食べたという感じもなく、
満足そうである。
酢は犬の好きなものなのか。。。?!

次に考えたのは、練り辛子である。
刺激物は犬によくないとは思ったが、悪癖を直すためにはいたしかたない。
練り辛子をティッシュにこすりつけ、犬に与えてみた。。。が、
これもむしゃむしゃと食べてしまい、苦しむ様子もなく満足そうであった。

次にコショウを試みたが、これも失敗。
これでは、犬に「どうぞティッシュを食べてください」と、言っているような
ものである。
しかもティッシュと同時に刺激物まで与えている。

よいアイデアかと思ったが、所詮、飼い主初心者が考えたことである。
他の方法を探してみようと、この作戦を中止することにした。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。